心理学 | KURAGE online

心理学 | KURAGE online

「 社会心理学 」 の情報 

相次ぐ航空機での"マスク着用拒否"でのトラブル…「要請&拒否」双方の理由説明の必要性を指摘 ...

社会心理学の専門家に聞きました。 北海道大学 竹澤 正哲 准教授:「マスクをつけることは個の判断ではなく、社会からの要請・ルールだと考える

人々がマスクをするのは「他人への同調心理」…「他者への感染防止」を上回る

同志社大の 中谷内 ( なかやち ) 一也教授(社会心理学)らの研究グループは8月、そんな調査結果を公表した。 調査は3月下旬、インターネットで

救急隊員の声…新型コロナ感染対策の最前線 その不安とストレス 愛知

名古屋市の名城大学で社会心理学を研究するグループが、救急現場に携わる全国2204の「消防隊員」を対象に行ったアンケートでは、約9割の

「車内に子供」3割が経験 暑い日「1時間で50度超」も

ただ、新潟青陵大学の碓井真史(まふみ)教授(社会心理学)は、子供の車内放置は虐待や育児放棄(ネグレクト)といった状況下に限らず「誰に

消防職員の9割、コロナで「不安と負担」 名城大など全国調査

そんなアンケート結果を名城大の畑中美穂准教授(社会心理学)と筑波大の松井豊名誉教授(同)が八日、発表した。コロナ禍での救急活動に関する

乗客がマスク着用拒否で旅客機が臨時着陸:マスクトラブルと解決への心理学

コロナ禍のマスク着用に関する社会心理学の研究によると、日本がマスクを着ける動機は、感染が怖いからでも他の感染から守るためでも

夫に会いに大阪→保育園登園×、東京から息子→ヘルパー利用×…広がる警戒感

同志社大の 中谷内 ( なかやち ) 一也教授(社会心理学)は、「政府が『Go To トラベル』事業で東京を除外したことも、地方で非接触ルールが

過剰反応、心の余裕を 発熱、教員から叱責 無関係なのに自宅待機 新型コロナ

群馬大社会情報学部の柿本敏克教授(社会心理学)は、感染症が「社会全体や類全体に脅威を与えるもの」という視点から、自らの言動を「集団の

なぜ「自粛」「マスク」「帰省」警察が発生? 「「桃太郎」を思い出させるよくわかる “社会心理 ...

これらの社会的分断の背景には、何があるか 社会心理学の専門の近畿大学の村山綾准教授は、「公正な世界の信念の揺れ」をキーワードに上げる。

コロナ禍で必要なのは正義より親切、間違えると差別生まれる

新潟青陵大学大学院教授の碓井真史さん(社会心理学)が分析する。 「事前にPCR検査を受けて帰省した意識の高いに『さっさと帰ってください。

Copyright© 心理学 | KURAGE online , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.