心理学 | KURAGE online

心理学 | KURAGE online

「 社会心理学 」 の情報 

不安が生むコロナ差別 感染「自業自得」日本が突出 近畿大准教授・村山綾さん

コロナ差別」の心理について、「公正世界信念」というキーワードを通じて読み解く村山綾・近畿大准教授(社会心理学)に聞いた。 国内感染者が

トップに聞く 総合大学へ社会学部新設 大和大・田野瀬良太郎学長

... 社会学」、急速に発展するメディアの役割、課題などを考える「メディア社会学」、複雑化する社会人間のあり方について考える「社会心理学

「コロナは人権の危機」ゼロリスク社会での差別との向き合い方 日弁連シンポ

三浦麻子・大阪大大学院教授(社会心理学)は次のような懸念も示した。 「リスクをきちんと認識して、判断できるようになるのは当然望ましい。

大阪国際感染症研究センター設置へ

研究は医学や獣医学だけでなく、経済学や社会心理学など理系と文系の垣根を越えて行い、科学的な根拠に基づいて府・市の政策決定を支援する。

大阪府市「国際感染症研究センター」設置へ 科学的対策を提言

医学や獣医学などの理系分野のほか、経済学や社会心理学といった文系分野も含む横断的な研究を展開。府市が管理するデータの活用も視野に科学的

新大学に感染症研究拠点 大阪府・市、政策提言機能も

総合大学の強みを生かし、医学や獣医学の感染症研究の専門家だけでなく、法学や経済学、社会心理学などの総合的な知見から府・市の感染症対策を

鼻出しマスク、マスク拒否対応苦慮 眼鏡曇らないようにする対策も

新潟青陵大大学院の碓井真史教授(社会心理学)は「マスクをしていると息苦しいが、外すと白い目で見られるので、鼻だけ出してしまうのではない

なぜ中高年男性はカスハラモンスターに 「博学自慢は昔からいたが、品が悪くなった」関西大教授 ...

... 裕美教授(社会心理学)の調査で分かった。22%が「(カスハラ行為が)増えた」と答え、「中高年男性からの苦情の増加」も浮かび上がった。

国際情報学部で学生主催のオンライン座談会「こころと社会とメディア」を実施しました

村田は、社会心理学を研究分野のひとつにしており、「予言の自己成就」(根拠のない予言であっても、々がそれを信じて行動することにより、

Copyright© 心理学 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.