心理学 | KURAGE online

心理学 | KURAGE online

「 臨床心理学 」 の情報 

替え玉受験ほか、トランプ告発本で明かされた虚だらけの人生

臨床心理学の博士号を持つ著者が、強権的な祖父フレッドの支配下で父フレディが不遇な生涯を送り、叔父ドナルドが危険物に育っていった経緯を

インターネットで「死にたい」は薄まるか? 和光大・末木新准教授に聞く「研究の最前線」

ネットと自殺に関連する分野を研究する和光大学の末木新准教授(臨床心理学)に聞いた。(ライター・渋井哲也) ○「死にたい」はレアな現実では

学校法人ルーテル学院は「 F-REGI 寄付支払い 」を導入し、インターネットでの寄付金募集を開始

その後、キリスト教学、社会福祉学、臨床心理学へと学問分野の幅を広げ、111年の歴史と伝統を引き継ぎ、豊かな人間性を育むキリスト教主義教育を

ごみ屋敷の片づけ依頼急増 “ためこみ症”は精神疾患の可能性大〈週刊朝日〉

司令塔である前頭前野の機能が低下し、情報伝達に影響が出ていると考えられます」 そう話すのは、臨床心理学の立場から、ためこみ症の研究に

生殖補助医療による出生児は糖代謝・心血管リスクが高い

専門は臨床心理学(修士卒)。医療系大学等にて心理学分野の教育・研究に携わりつつ、メディカル翻訳の仕事にも従事している。また翻訳学校の

引きこもり、コロナで当事者や支援に影響 「身近な居場所」づくりを

支援現場の状況をNPO法「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」副理事長の境泉洋(さかいもとひろ)・宮崎大准教授(臨床心理学)に聞いた。

無害であれば自閉症の人の自己刺激、常同行動はそのままで良い

米クーパー大学の臨床心理学のフィリップ・ファイザー博士はこう言います。 「それは自己刺激、情動行動、スティミングと呼ばれるものです。

夏休み明け目前 「もう無理」「死にたい」…子どもに異変、ストレス相談急増 コロナ下、支援機関 ...

子どもの心理状態に詳しい北海道教育大学の平野直己教授(54)=臨床心理学=は、コロナによる休校以降、感染防止策が優先され、精神面への

オンラインの模索/下 尼崎・大庄中Zoomで面談 不安解消SOSも発見 /兵庫

阪神大震災(1995年)から子どもの心のケアに取り組む県立大大学院の冨永良喜教授(臨床心理学)は大庄中の取り組みを高く評価し、「今求め

自閉症とこれまで注目されていなかった脳の領域「脳幹」の関係

そう、米イェール大学の臨床心理学の講師、ロジャー・ジョウは言います。 これは論理的な考え方にもかかわらず、これまで脳幹は注目されていませ

Copyright© 心理学 | KURAGE online , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.