心理学 | KURAGE online

心理学 | KURAGE online

「 犯罪心理学 」 の情報 

止まない「爆破予告」 メール、HP書き込みも発生には至らず…専門家「さらに被害が大きくなる ...

犯罪心理学が専門の出口保行・東京未来大教授は、「犯は自分の行為に対して社会が脅威に感じることが快感になっている。社会に認められず、

新生児遺棄事件、責任を負わない “父親たち” が犯した「罪にならない大罪

新潟青陵大学の碓井真史教授(犯罪心理学)は、. 「男性に罪の意識はないでしょうし、遺棄されたのは自分の子どもとも思っていない。母親に対して

あおり運転をしやすい人は日常生活にも影響がある?大学教授に聞いた「あおり運転する加害者 ...

従来の社会心理学や犯罪心理学の知見からするとどう解釈できるか、という点でお伺いしました。 【質問事項】. 運転中に攻撃行動に出てしまう心理とは

【在学生対象】先生と学生をつなぐオンラインセッション「駒大うろこ話」第4回開催

文学部心理学科 小野 洋平 先生(犯罪心理学・認知心理学) ... それによって生じた物理的距離や心理的距離に着目し、ゲストの先生方には専門的な

教員のわいせつ対策 犯罪心理専門家がチェック表

中心となる奈良大の今井由樹子准教授(司法・犯罪心理学)は「チェック表が子供を守るために役立てば」と期待しており、年内に論文をまとめ、

「衝動、簡単には収まらない」記者に語った被告 「再犯防止」受講も 福岡粕屋女性殺害

性犯罪者の加害者治療に携わる筑波大の原田隆之教授(犯罪心理学)は「刑務所の中だけで治療が完結するはずがない。性犯罪者が治療を受けられる

伊勢谷容疑者逮捕で…吉永小百合「とても残念な思い」 再燃する大麻解禁論

だが、薬物依存への認知行動療法などを研究する筑波大学人間系の原田隆之教授(犯罪心理学)は「嗜好用大麻の解禁論は世界的な潮流ではなく、

生後2カ月長男に血液飲ませた母親逮捕 注目集めようと?「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能 ...

東京未来大の出口保行教授(犯罪心理学)は「今回のケースは子供を苦しませることが目的でなく、いびつな承認欲求が背景にあるのではないか。

「将来の夢はドクターキリコ」医師投稿10年で2万件超…ALS嘱託殺人、ゆがんだ使命感

投稿を分析した関西国際大の中山誠教授(犯罪心理学)は「高齢者らの延命治療に長年疑問を持ち、安楽死への思いが増幅されていったように

Copyright© 心理学 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.