心理学 | KURAGE online

心理学 | KURAGE online

「 コロナ禍 」 の情報 

国産志向の背景にある「存在脅威管理論」

存在脅威管理論」と呼ばれ、社会心理学経営学で近年、注目を集める。コロナ禍でこの傾向を検証すると、自国製品の購買意識が全体的に高まって

非常事態下だからこそ…“戦略的”気抜き・いい加減のススメ

という心理学をご紹介します。 ※画像はイメージです(Getty Images). 創造性を発揮するには“戦略的に”ぼーっとせよ? 「とにかくこのコロナ禍は

大好評・しいたけ.カラー心理学最新版! anan THIS WEEK'S ISSUE No.2227

カラー心理学」の最新版、満を持しての登場です。 年齢や時代が纏う雰囲気によっても変化していくそののカラー。コロナ禍の中、好むと好まざる

サンベール/年商20億円を射程圏内に/コンベンションで「過去最高」を強調

その他、心理学に基づくカウンセリングを行う講師が、コロナ禍でメンタルを保つ方法についてセミナーを行った。 コンベンションの様子.

「できない」が基軸の社会へ 出口康夫さんが語る未来

倫理学は人工呼吸器の配分や自粛か強制かといった問題を取り上げ、文化心理学ではコロナ禍が幸福観や生観にどんな変化を与えるかが語られまし

テレワークで高まる不眠リスク「ベッドを仕事場にしないで」 江戸川大睡眠研究所・山本隆一郎氏 ...

睡眠と心理学の両面で研究を行う江戸川大学睡眠研究所の山本隆一郎准教授に、コロナ禍がもたらした睡眠の変化や、寝つきが悪く困っている時の

山田裕貴、 理想像は「影響を与えられる人」 “カメレオン俳優”充実の30代に突入

コロナ禍の外出自粛期間中は、心理学や歴史関連などの本を読みあさり“勉強好き”な自分に気付いた。仕事へのスタンスで、変化を視野に入れる部分も

消防職員の9割、コロナで「不安と負担」 名城大など全国調査

そんなアンケート結果を名城大の畑中美穂准教授(社会心理学)と筑波大の松井豊名誉教授(同)が八日、発表した。コロナ禍での救急活動に関する

乗客がマスク着用拒否で旅客機が臨時着陸:マスクトラブルと解決への心理学

コロナ禍のマスク着用に関する社会心理学の研究によると、日本がマスクを着ける動機は、感染が怖いからでも他の感染から守るためでも

Copyright© 心理学 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.